第三回「仏教の日」を祝して
カンボジア王国 ノロドム・シハモニ国王陛下 祝辞
第六回佛教サミットにて主賓を務められた
「世界仏教 興隆の聖王」ノロドム・シハモニ国王陛下より
全世界五億二千万人の仏教徒を代表して第三回「仏教の日」を寿ぐ祝辞が届けられました

 第三回「仏教の日」祝辞
2017年4月8日

 本年4 月8 日に開催されます、第三回「仏教の日」に際し、全人類を真の平和と安寧に導くため、全世界五大陸の仏教最高指導者、並びに、 全世界の仏教徒と共に、釈尊の御教えを世界中に弘宣する活動に加わりたく存じます。
 2014 年の12 月、第六回佛教サミットにおいて、二千五百年以上もの長い仏教の歴史上、初めて、「仏教の日」が制定されました。
 それに満場一致で賛同された、全世界41 ヶ国から出席されました仏教最高指導者の皆様を、私は心より尊敬申し上げるものであります。第六回佛教サミットにおけるこの決定は、全仏教徒の記憶に深く留まるものとなりましょう。
 仏教を興隆する上で、非常に重要な、この日に、私は、全仏教徒の御健康と御長寿を祈念いたします。とりわけ、全世界へ、平和と調和へ向かう波の高まりを行きわたらせるため、さらなる仏教興隆に邁進しておられる、全世界の仏教最高指導者の皆様方の、御健康と御長寿をお祈り申し上げます。

(ノロドム・シハモニ国王陛下 御署名)