仏教の日|International Buddhist Day

「仏教の日 2019年4月8日」を終えて
満開の桜の中 天候にも恵まれ お釈迦様のご生誕を祝う「仏教の日」が盛大に執り行われました。

釈迦堂の前にて記念撮影

誕生仏にお水かけ供養をする ウガンダ副大統領閣下

全国各地から沢山の方々が参詣に訪れました。

世界各国の国旗に続いて、伝統衣装を身にまとった子供たちのお練りが参道を進み、境内はにこやかな雰囲気に包まれました。

鮮やかな散華が宙を舞い、散華と桜の花々が、境内を彩ります。

父母に手を引かれて、烏帽子に狩衣姿の男児と、金冠に桜装束の女児たちが、大きな境内を進む。

花御堂にて、親子いっしょに誕生仏にお水かけ供養。

美しく咲き誇る桜が、希望に満ちた稚児たちをやさしく包む。
来年の「仏教の日」も、皆さんと共に、お釈迦さまの御誕生をお祝いできるよう祈念しております。
▶︎2019年「仏教の日」の様子はこちら


第七回佛教サミット コロンボ宣言(共同宣言)にて、全世界五大陸47 ヶ国の仏教最高指導者が満場一致で採択し、「仏教の日」を全世界へ推進することが誓われました。
▶︎ 詳しくはこちらから

第四回「仏教の日」は、主賓 カンボジア王国 ノロドム・シハモニ国王陛下を始め、全世界五大陸 47 ヶ国を代表する14 ヶ国の仏教最高指導者、国家指導者をお迎えし、14 万 8 千人が参詣して、釈尊の御生誕をお祝いする一大行事となりました。
▶︎2018年「仏教の日」の様子はこちら

お釈迦様の教え 仏教について一緒に学ぼう


一番伝えたい大切な心
子どもたちに大きな夢と希望を

「ぼくとわたしのほとけさま」LinkIcon


日々の道しるべ
身近でわかりやすい お釈迦様の教え

「まなびの泉」LinkIcon


平成の御代
心の時代を生きる仏教精神

「珠玉の言葉」LinkIcon